中村 陽二 「中村 陽二」の記事

マニュアルが多くても大丈夫!コールセンター業務をAIで効率化した事例

オフィス用品メーカーのように、取り扱う商品が多い企業のコールセンターはマニュアルも多く対応も複雑になりがちです。さらに紙のマニュアルを使っている為に、対応する資料を探すのも新人研修をするのも時間がかかってしまいます。そこでAI FAQ Supporterを導入することで、マニュアルを電子化し、検索にも人工知能のサポートを受けることで対応を効率化。新人研修の期間も短縮することが可能になります。

FAQ検索ツールでコールセンターの応答率がググッとアップした事例

カスタマーサポートの現場では常に高い水準が求められる「応答率」。しかしコールセンターではオペレーター同士で質問・回答し合うケースが常態化し、電話を取り切れていない状況にあります。この記事では、弊社のAIを活用した高速・高精度なFAQ検索ツール「AI FAQ Supporter」の導入で、業務効率化と応答率向上が同時に実現した事例をご紹介します!

お部屋探しのハードルを引き下げる!不動産仲介サービスにおけるLINE導入事例

従来の不動産仲介サービスでは、店舗と電話での接客がメインだったため、時間や場所の制約に加え、対面と電話のハードルを高く感じる顧客も多く存在していました。この記事では、弊社の高精度チャットツール「AI Chat Supporter for Estate」の導入により、いつでもどこでも気軽にお部屋探しが出来る環境を実現した事例をご紹介します!

市民からのお問い合わせをLINEに集約!自治体でのLINE導入事例

役所は待ち時間が長い、窓口が多すぎてどこに聞けばいいかわからない…。これらの対応に加え、住民サービスを発信するにあたり、ツールに悩まれている自治体が多く存在します。この記事では、弊社の「AI Chat Supporter」の導入を通して、住民の皆様の生活満足度向上に貢献した事例をご紹介します!

コールセンターでのAI活用の最前線vol.2~FAQ検索ツール編~

オペレーターが電話対応を行う際、業界によっては毎回マニュアルの確認が義務付けられています。しかし様々な要因から、非効率なFAQ検索が常態化してしまっているのが現状です。この記事では、FAQ検索ツールにAIを搭載することがどのように効率化を実現しているのか、ご説明します。

自動車販売店が既存顧客をガッチリ掴めた事例

新規顧客の獲得が困難な日本の自動車販売店では、長期的な既存顧客へのフォローが重要になってきます。この記事では、開封率が高く、顧客にとって身近なアプリであるLINEの導入で、どのようにしてウェットなカスタマーサポートを実現させるか、具体的な事例を通じてご説明します!