AIエンジンどれ使ってる?AIサービスの比較方法と目的別の選び方を徹底解説!

最終更新日:2018年1月24日
このブログは、AIソリューションを提供する株式会社サイシードが作成しています。
最新の事例や企業での活用方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

代表 中村
こんにちは。先日とうとうキッチンに業務用のステンレス台を導入しました。
最近は魚をさばいて、寿司を握る「サバキスト」の潮流に乗り、ゴマサバの4枚おろしの腕を上げながら楽しい日々を過ごしております。
しかしながら、全て自分で行えるようになると、結婚の意義について深く考えさせられますね。
幸せな家庭とは、結婚とは一体なんなのでしょうか…?
さてさて、そんな「サバキスト」仲間の経営者を筆頭に、AIを利用した業務改善サービス導入についてのお問い合わせが格段に増えてきています

しかし、様々なAIサービスが世の中には存在しているので、

何を比較基準にすれば良いのか?
自社にあったAIサービスを選ぶにはどうすればいいのか?

など、AIサービス導入にあたって、お悩みの企業様は多いようです。

この記事では、そんなお悩みを抱える企業様のために、どんな基準でツールを選べば良いのか、ズバリ選び方の目安をご説明したいと思います!
また、本記事の最後で、記事に掲載しきれなかった観点まで網羅した「最新チャットBotベンダー徹底比較集(2018年版)」をプレゼント致します。

AIサービスの比較基準

まずは、各社どんなチャットボットツールを提供しているのでしょうか。
各社が提供しているツールの特徴を元に、以下のようにマッピングしました。

まずは各社の提供している業務改善ツールをならべて見ましたが、ざっとあげるだけでもかなり多くの業務改善ツールが各社から提供されていることがわかると思います。
さらに、AIを搭載したツールもかなり増えてきているため、どんなものが良いか混乱してしまう方が多くいらっしゃると思います。

代表 中村
実際にその比較基準をお話する前に、まず皆様が気になるであろうコストの問題についてお話したいと思います。
ズバリ、AIツールに関しては価格を基準として見分けることは難しいです。
使わない機能が多くあって高価格であったり、初期価格が安くとも実用レベルにあげると思ったよりコストがかかったり……
会社ごとのカスタマイズで大きく価格が変わってしまうため、各ベンダーに相談し、性能と価格のバランスを考えることをまずはお勧めします。

では、コストの面を除いて、業務改善ツールはどうやって見分けたらいいんでしょうか?
業務改善ツールの見分け方の基準については、大きく分けて3つの基準があります。

  • AIを搭載しているのか

まず、チャットボットツールには、AIに文章を読んでもらうAI搭載型と、事前に単語を登録しておくだけの非搭載型があります。
非搭載型の方が低価格ではありますが、チャットの精度をあげるのは難しいです。

  • 開発の柔軟性

次に、開発の柔軟性が挙げられます。
AIの有無にかかわらず、使用する業務に合ったツールを使いたいですよね!
柔軟性が高い分価格が高いツール、あるいは一つの目的に特化している分柔軟性が著しく低いツールもあったりします。
会社の体制や環境をよく吟味した上で、検討したい項目です。

  • AIエンジンか自社開発か、OEM提供なのか

最後に、AI搭載型のツールでは、そのエンジンが「自社開発」のものか、「OEM提供」されたものなのかが重要な検討項目になります。
今回の記事では、AI搭載型の業務改善ツールについてフォーカスし、この「自社開発されたものか」「OEM提供されたものか」という点について詳しくご説明したいと思います!

では、コアとなるAIエンジンを他社から提供(OEM提供)を受けているか
あるいはAIエンジンを自社開発しているか、ということは一体どう違うのでしょうか?

このOEM提供と自社開発についてざっくりとご説明すると、AIが思考するロジックの元になる部分を他社から提供を受けているか、あるいは自社で開発しているか、の違いです。
さらに、このOEM提供は、NTTなど技術力の高い様々な企業より提供されていますが、IBM用語の“original equipment manufacturer”が元になっている通り、特にIBMがOEM提供に力を入れています。実際に、IBMが提供するWatsonは、各社ツールのAIエンジンとして多くの企業に提供されています。

つまり、元となるAIエンジンは他社製で、各社それに対しカスタマイズを加え、目的別に特化したツールを更に各企業様に提供している、と考えるとイメージしやすいかと思います。

まずは大まかに、OEM提供のAIエンジンツールと自社開発エンジンのAIツールのメリット・デメリットをご紹介していきます。

OEM提供のAIツールのメリット・デメリット

  • メリット:コストを低く出来る

AIサービスを提供する企業は、拡販することを前提としてOEM提供企業と契約します。
つまり、まとめて提供先とライセンス契約するため、1ライセンスあたりの価格を抑えることが出来ます。
AIサービスを導入したい企業様は、自社で「IBM Watson」を導入するより安価で導入することが可能になります。

  • デメリット:AIのロジック部分を調整できない

一口にAIといっても、データの前処理の方法やどんな確率関数にフィッティングさせるかで結果が大幅に変わってきます。
精度が上がらない場合は、これらのロジックを変えて調整する必要があります。
しかし、他社のAIエンジンの中身がブラックボックスになっているため、原因を追究し調整を行うことが出来ません。
何か問題が起こった時についても、同様のことが言えます。

自社開発エンジンのAIツールのメリット・デメリット

  • メリット:とにかく柔軟に対応してもらえる

AIのエンジンをはじめ、ツールにおいても自社開発しているため、注文を受けた各企業様に合わせたカスタマイズが可能です。
また、コンサルティング的に導入支援を行なっている企業も多いため、「なんとなく業務改善は必要だと思っているけれど…」という企業様に必要なツールを適確に提供することができます。

  • デメリット:コストパフォーマンスが悪い場合がある

一方で、各企業で利用しやすいように、機能的なツールを付けることによって結果的に価格が高くついてしまう場合があります。
つまり、各業務に適合する効果的な機能を付与しやすい反面、コストがかかってしまうため、開発元の企業と交渉・相談の上、しっかりと各社比較検討する必要があります。

ここまでAI搭載の業務改善ツールの特徴をご紹介してきましたが、
ここで、今回のブログの記事の目的である、実際にどのようなAIツールがふさわしいのか、AIツールを導入のための目安となる基準をご紹介したいと思います!
AIサービスの比較基準のところで、メリット・デメリットをご紹介しましたが、こちらをまとめてみると、

  • AIツールのシステムに自社が合わせるか
  • 自社のシステムにAIツールを合わせるか

 

という基準で選んでいくのが適切かと思われます。
例えば、

『とにかく、予算重視。安くツールを導入したい!』
『社員が若く、新しいシステムを導入したとしても、すぐに適応できる』

などの場合には、OEM提供のAIツールの方が利便性が高く、さらに導入にあたっての費用が安く済むでしょう。
一方で、

『業務改善をしたいが、どこにどんなツールを導入すればいいかわからない』
『導入に際して、丁寧なサポートをしてほしい』
『従業員が多いため、これまで培ってきた業務プロセスを大幅に変えることが難しい』

といった場合には自社開発ツールのAIツールの方が、利便性が高いでしょう。
特に、どんな分野にツールを導入すればいいかわからない場合には、OEM提供だと重要な部分が変更できず、逆に導入が重荷になってしまう可能性があります。その場合には、ある程度融通が効き、相談に乗ってくれる企業で比較検討の上で導入するのが良いでしょう。

各社AIサービスの特徴
実際にいくつか各社で提供されているAIツールをご紹介します。比較検討の際の参考にして見てくださいね!

OEM提供された他社のAIをベースにしたAIツール
OEM提供されたAIツールとして代表的なものは、talkQA(エクスウェア株式会社)、CloudAI チャットボット(JBCC株式会社)、などがあります。

talkQA(エクスウェア株式会社)
IBM Watsonを利用し、チャットやLINEを利用した顧客対応に強いTalkQAを提供しています。
特に特徴的なのが、PePPerへのAIエンジンを導入ツールです。
自然言語処理により、音声認識だけで、顧客とのスムーズな会話を実現しています。
特に、新卒採用等のイベントで学生がPePPerに質問するだけで、企業の募集要項や福利厚生など説明してくれる機能があります。

CloudAI チャットボット(JBCC株式会社)
こちらもIBM Watsonを利用したAIツールです。
LINE風のインターフェースで簡単な操作で利用できるようになっており、特徴的なサービスは店舗スタッフのための在庫状況や売上データと紐付けし、チャットで簡単に調べることができる機能です。
また、モバイル端末から利用しやすいことから、PCのない店舗勤務スタッフのバックヤード業務を大幅に効率化することが可能です。

自社開発したAIを用いたAIツール
自社開発したAIツールには、AI Messenger(株式会社AIメッセンジャー)、さらに下記のまとめでご紹介するAI Chat Supporter(サイシード)などがあります。

AI Messenger(株式会社AIメッセンジャー)
サイバーエージェント関連企業のAI Messengerでは、AIエンジンの開発のほか、よりリアルな顧客対応を実現するためのマーケティング支援サービスを行なっています。
特に特徴的なのが、消費者に寄り添ったチャットコミュニケーションを行うためのtoC向け接客シナリオ企画やメッセージ作成をきめ細やかにサポートしてくれます。

まとめ

弊社の開発商品である、AI Chat Supporterという業務改善ツールでは、
AIエンジンを自社開発しており、ご利用される企業様が使いやすいよう、ツールのカスタマイズを柔軟に対応させていただいております。
また、完全自社開発のAIエンジン『KC』を使用したツールなので、ロジック部分も修正を素早く行うことができ、その上で提供先企業様からは「大手の1/3程度の価格」と高評価をいただいております!!
導入に際しても幅広いご要望にできるだけお答えいたしますので、業務改善ツールの導入を考え中の企業様は、是非ご検討くださいね!!

代表 中村
いかがでしたでしょうか?
AIツールは各社の広告ばかり見ていると、「結局どれがいいんだろう」と混乱してしまうと思います。
今回ご紹介した判断の目安で、AIツールを選ぶ一つの材料となれば幸いです。
また、各社様々なカスタマイズや工夫がありますので、気になるツールがあれば資料請求をまずはしてみることをオススメします
弊社が開発しているAI Chat Supporterについては、下記お問い合わせフォームから資料請求できますので、是非お気軽にお問い合わせくださいね!
また、今回こちらのページから資料請求いただいた方には「最新チャットBotベンダー徹底比較集(2018年版)」をプレゼントしますので、ぜひ比較・検討する際の参考にしてみてくださいね!
必須お名前
必須会社名
必須会社電話番号
任意メールアドレス

 

ABOUTこの記事をかいた人

西田

東北大学情報工学科を飛び級卒業、スイス連邦工科大学ローザンヌ校コンピュータサイエンス修士課程修了。機械学習(人工知能)、自然言語処理を専門とし、AI関連サービス全体のエンジニアリングを統括。 今年30歳を迎え健康診断で引っかかるようになったので、毎朝のフルグラと週1の血圧測定は欠かせない。