AI Chat Supporter for Estate

『AI Chat Supporter for Estate』は不動産事業者向けに、LINEによる物件仲介サービスを実現するサービスです。
例えば、下記のような営業マンと顧客が行うやりとりを、AIを活用することで大幅に効率化できます。

  • 来店できない顧客に物件を紹介
  • 紹介中も密な連絡を取り続ける
  • 引っ越し時期のフォロー連絡を自動化

今まで取りこぼしていた顧客も獲得できるので、売上げに貢献します。

顧客の利用イメージ

顧客は普段使っているLINEで担当営業とやり取りが出来るので、気軽に物件の相談をしたり、提案を受けることができます。

導入実績

中堅賃貸事業者での導入実績を紹介します。

WEB問い合わせ180%増


月間契約数15%増!


LINEによる不動産仲介サービスの導入事例

2017.08.21

代表的な機能

1.不動産紹介特化CRM

顧客の希望する物件情報(エリア/価格/間取りなど)をタグ付けし一斉配信できるなど、物件を紹介する上で必要なCRM機能を備えています。多機能な汎用CRMツールと比べ、ツールに慣れていない社員の使いやすさを重視しています。

2,自動顧客フォロー

内見前のリマインド、内見後に意思を確認、契約更新のタイミングで引っ越しの提案など、重要なタイミングでのフォローメッセージを自動で送信することができます。

3,低価格で導入可能


既存のLINEを使うので、0からアプリを開発する場合と比べて、大幅に安く導入・運用することができます。

 

『AI Chat Supporter for Estate』

不動産向けに開発した、顧客のリピート率を向上するシステムとは?
詳細な機能はpdfで公開しているので、ぜひご覧ください。